FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

書道先生の個展作品

zp007.jpg

     春                      杜甫

国破山河在 城春草木深

感时花溅泪 恨别鸟惊心

烽火连三月 家书抵万金

白头搔更短 浑欲不胜簪

訳文
国家(唐の国都当時は長安)は崩壊してしまったが、山や河は変わらず、
城内(長安)では春が訪れ草木が青く茂っている。
時世(戦乱の時期)の悲しみを感じては花を見ても涙がこぼれおち、
家族との別れをうらめしく思っては鳥の鳴き声にすら心を痛ませる。
幾月が経ってものろし火(安禄山の乱による戦火)は消えることはなく、
家族からの手紙は万金にも値する。
(心が痛んで)白い頭を掻けば掻くほど髪の毛が抜け落ち、
まったくかんざしを挿せそうにもないほどだ。

先生の一言
学生時代初めて暗唱した五言律詩。
意味も分からぬままの暗唱もいい思い出です。

スポンサーサイト

2012.04.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 書道

書道先生の個展作品

 この間、奈良の県文化会館に書道藤田先生の個展を見に行きました。再び先生の豊かな個性に感心しました。特に作品にたくさんの漢詩を書かれるのが中国人の私にとって何より嬉しいことです。

zp008.jpg
故人西辞黄鶴楼
烟花三月下揚州
孤帆遠影碧空尽
唯見長江天際流

訳文
旧友の孟浩然先生が西方の黄鶴楼を去って、

霞たなびくこの三月、揚州へと下っていく。
(楼に登ってそれを見送ると)一艘の帆かけ舟が
遠く水平線のかなたまでいって見えなくなり、
長江が天のかなたまで流れているのが見えるばかりだ。

先生の一言
雪心会南京展旅行で海のような雄大なる長江を渡りました。
「孤帆遠影碧空尽 唯見長江天際流」この詩が浮かびました。

2012.04.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 書道

«  | ホーム |  »

プロフィール

reichinese

Author:reichinese
「玲衣中国語教室」では、経験豊富な講師陣により、日常会話から、ビジネス中国語、中国語検定試験対策をしっかり指導いたします。アットホームな雰囲気の中で授業を進めていきます。
毎月中国人との交流会、中国語会話喫茶、餃子大会などいろんなイベントを行っており、より中国を身近に感じながら中国語を習得していくことができます。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。